直メでセフレをつくれるイチオシセフレサイト~artforderek~

セフレ作りにうってつけのサイトはこちら

ランキング1位FirstMail


ランキング2位SWEET LINE


ランキング3位らぶらぶメール


コンテンツが充実している直メをつかってセフレを作れるサイト。
様々な方法でパートナーを見つけ出すことが出来ます♪

サポートが非常に充実しているセフレ目的の人が多数集まるオススメサイト!
不安な要素が一切ないので、安心して利用可能です!

検索機能が充実しているセフレ募集の人をすぐに探せるサイト!
ご近所で理想の相手を探し出すことが出来ます♪


最新情報

色んなプレイをすればマンネリ化しない

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

どうしても同じ相手と長くセフレ関係を続けていくと、セックスにマンネリ化が生じてしまいます。
ただ、マンネリ化が生じたという理由だけで、セフレと別れてしまうのはあまりに勿体無いです。
むしろ、マンネリ化するぐらいまでセックスを続けてきたわけですから、その相手とはかなり相性が良いということなのです。
さて、マンネリ化を解消するためには、色んなプレイをしてみることが重要です。
例えば、普通のセックスをするだけでなく、イメージプレイをしてみるのもいいでしょう。
SMプレイ、夜這い、学園プレイ、痴漢プレイなど、色んなプレイを本番前にやれば、今までとは違う気持ち良さや興奮が味わえるかもしれません。
もちろん、それらのプレイをするためには、相手の承諾も必要ですから、相手の希望も聞いた上で、お互いが納得するプレイをするようにしましょう。
また、普通のセックスに関しても、体位を変えてみたり、いつもと違うパターンでやってたりするだけでも、新し発見が生まれることもあるのです。
それがマンネリ化解消にも繋がり、セフレ関係を長く維持することができるのです。

一本釣りも可能!写真画像が秘める可・性

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

出会い系サイトにおいて、写真画像は必須ではありません。しかしながら、写真画像を活用することで『出会いの可能性』を底上げすることが出来ます。
『詳細な情報を得られるものの、文字だけのプロフィールページ』
『詳細な情報は得られないものの、写真画像がアップロードされているプロフィールページ』
あなたなら、どちらのプロフィールページを有益と感じますか?出会い系サイトを利用する男女の多くは、後者―写真画像有りのプロフィールページを好みます。文字を読む必要がありませんし、直感で相手を選ぶことが可能だからです。
写真画像をアップロードする場合は、加工の“し過ぎ”にご注意ください。あなたにとってはちょっとした加工であっても、相手からすればやり過ぎという場合もあります。無意識に『写真詐欺』を行っている人は、意外と多いのです。
つまるところ、写真画像から相手を選ぶ際は『写真詐欺』に注意する必要があることになります。出来ればメール交換する仲に持っていき、その中で別の写真画像を提供してもらいましょう。
もちろん、前者のプロフィールページを好む男女もいます。メール友達を希望する・容姿はまったく問わないという物好きな人も、意外と多いですからね。しかし出会い系サイトにおいて、こうしたタイプは少数です。
出会いの可能性を底上げしたいのであれば、恥ずかしがらずに写真画像をアップロードしましょう。もちろん、身元バレには気をつけて下さいね。

セフレ掲示板の年齢制限18歳未満は利用禁止

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

セフレ掲示板でセックスフレンドを探すのが最近、若者から熟年世代までという幅広い世代で人気があります。
決して市民権を獲得したわけではありませんが、ひそかな楽しみとしてセフレに興味を持つ人が増えているのです。
とはいえ、リアルでセフレを探してもなかなかみつかりませんし、相手にそのことを話すだけで勇気がいりますし、それで人間関係が台無しになりかねないほど一般的には背徳的な関係だと考えられています。しかし手軽に性的欲求を満たせるのは魅力的ですし、二人だけで他人に迷惑をかけないなら外野にとやかく言われる筋合いはありませんよね。ですからセフレ掲示板に多くの欲求不満の男女が集っているのです。
セフレは年齢制限があって未成年は利用できません。ほとんどのサイトで18歳以上であれば登録し、サービスを利用できるサイトが多いです。管理がずさんなサイトでは年齢確認をしっかり行っていないサイトもありますが、そういうサイトはセキュリティや個人情報の管理もずさんなサイトが多いので避けたほうがよいでしょう。
たんなる「出会い系サイト」ではなく肉体関係を求めて登録しているので、異性とのメール交換もドライにお互いの希望を話し合って、わりと短期間に出会いまで持っていくことができるでしょう。トラブルを避けるために登録する前に面倒くさがらずにしっかりと利用規約に目を通しておきましょう。ルールを守ってセフレ掲示板を活用して素敵なセフレを見つけてください。

セフレはこういうもの

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

「セフレって何の事?」こんな反応をする人も案外多いものです。
私がそうでした。それはどこかで聞いたことこそありましたが、別に関心も無かったのです。
ある日、ネットで「セフレ」で検索してみたのです。
それはセックスフレンドの事だと説明してくれていましたので、すぐにその意味が分かったものでした。
出会い系サイトとも違うセックスフレンドを探すためのサイトのことがセフレの意味なんだそうです。
そんなセフレ目的のサイトは検索してみれば、たくさんヒットするようです。
それだけの人気があるのでしょう。
ちょっと前までの出会い系サイトには、このようなサイトは目にしませんでした。
その目的がはっきりしてきたものが現れてきたのです。
私はまだ利用したことはありません。
いろんな雑誌にも掲載されているので、利用者も多いのでしょう。
世の中のセックスに対する感覚の変貌ぶりが垣間見られるようです。
中には、男女伴に完全無料で利用出来ると言うサイトもあるようです。
であれば、必要なのは携帯電話くらいなものですね。
もはやいつでもセックスの相手を探せる時代になっているのです。
それもこれも通信を取り巻く環境の進歩のお世話になっています。
でも、こんな風にして出会いを求めるしかないようになったら、それはそれで切ない時代なのかもしれません。
大事な出会いなのですから、それがこんなところに待っているのかと思うと考えものではあります。
とにかく出会いは簡単にはなったのは確かです。

ネット上で「セフレ」は死語

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

出会い系サイトの中には、「即ハメ!セフレ専門!」といったように、さもセフレが簡単に作れることを売りにしたサイトがあります。
しかし、実状は出会い系サイトでセフレどころか恋人を作ることさえ難しくなってきています。
たとえば無料出会い系サイトの場合、異性と知り合うどころかアプローチに対する返信すら得られないのです。
届くのはサクラからの詐欺メールばかりです。これは有料出会い系サイトも似た傾向にあります。
まあ、騙されてしまう人もわずかにいるようですが、最近ではサクラの手口もネットユーザーには周知されましたから、出会い系サイトの利用価値さえ見いだせないというわけです。
運営側がセフレで釣っても会員が増えない、セフレを希望する女性会員はサクラとくれば、出会い系が凋落したこともうなずけるというものです。
しかし、ネット上で知り合ってセフレ関係になることは可能でしょう。
今や誰でもSNSのアカウントを一つは持っていますから、そこで知り合い、直にやり取りしているうちにそういった関係になる方が確率として高いのです。
ただし、SNSは性的なコミュニケーションを提供する場ではありませんから、共通の話題などを通じてという流れですが。
つまるところ、ネット上において「セフレ」という言葉が死語になったようなものですね。

男の独占欲をくすぐって本命になる

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

ネットでのお悩み相談で皆さんがご執心なのは、恋愛ネタです。もっと限定すると「彼にとって私はセックスだけの相手のようなんです」といって内容のものです。
そこに寄せられる回答は十人十色です。つまり、相談者とすべて同じ状況ではありませんから、ベストな答えは無いということですね。
では、一度セフレとして認識されてしまった女性は、その男性の恋人になることは不可能なのでしょうか?
実は、答えは非常に簡単なのです。
「男の独占欲をくすぐる」。この方法が最も効果的です。
セフレにされて悩む女性は、ちゃんとした恋人として扱って欲しいあまり、その男性に「こんなに貴方のことを想っているんです!」という行動や言動を繰り返します。
男性にとってウザイと感じる存在です。そして、「機嫌とってやるか」とセックスし、帰って行く。
この繰り返しです。
しかし、セフレであっても「自分にだけセックスさせてくれる」と思っている女性が、他の男性と会ったり、セックスしていることを想起させることを口にしたらどうでしょう?
実際に複数の男性とセックスしまくっていると「このビッチが!」と愛想を尽かされるでしょうが、次に会う約束の際に「ゴメンね、食事に行くことになってて」と嘘でも断ってみましょう。
男性は、「食事といったら酒。酒が入れば、セックスするかもしれない」と勘ぐってしまいます。そこで、食事を終えたであろう時間を見計らって男性に「今日は本当にゴメンね。来週なら大丈夫だから」などと連絡してみましょう。
おそらく、男性は「勘ぐりすぎてしまった」と安堵しつつ、その女性を独占したいという気持ちが強くなるでしょう。

沈黙はセフレの迷宮

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

好きな男性に執着するあまり、セフレでもいいと割り切ってしまう女性がいます。
しかし、いくら純粋に男性を想っていても無駄です。
そして「体だけの関係は嫌だ」というジレンマにさいなまされます。
ですから、相手に同調しがちな女性は今一度、自分に問いかけてみなければいけません。
「自分は本当にそれでしいのか?」「黙っていても関係は好転するのか?」と。
「沈黙は金なり」ということわざがありますが、この場合はあてはまりません。
自分を押し殺して黙っていることで、自分を見失っていくからです。
いわば、「沈黙はセフレの迷宮」といったところでしょうか。
自分と向き合える女性は、自分への問いかけに対し、どうすることが最良の方法か知っています。
その方法とは、相手から離れてしまうことです。
迷宮に迷い込んでしまったら、誰も助けてくれませんよね?自分自身で抜け出さなければならないのです。
もし、セフレの迷宮に迷い込んでしまい、抜けだそうという意志があるのならば、「セフレでもいいから相手から離れたくない」という気持ちの奥に、孤独感を克服して新しい出会いへ前向きになれるという気持ちもあるものです。
なので、自分自身を見失わず、同じ目線でしっかりと向き合える男性を探すべきです。
それでも踏ん切りがつかないのであれば、いつまで経っても「都合のいい体だけの女」として生きていかなければなりませんよ?
物事の解決に痛みはつきものなのですから、ちょっとした勇気と痛みは大したことではありません。

やっぱり出会い系サイトが一番手っ取り早い

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

セフレを作る方法は色々とあります。
合コンで知り合った相手と仲良くなり、そのままセフレになるケースもあります。
あるいは、色んなサークルに参加している人なら、サークルでの出会いがきっかけで、セフレを作ることもできます。
ただ、いずれもそれなりの人脈と、ある程度の会話力が要求されます。
ですから、上記のような方法でセフレを作るのは、結構敷居は高いと言えるのです。
そうなれば、セフレを作る手っ取り早い方法としては、出会い系サイトを活用することです。
出会い系サイトは、本来は恋人を作ることを目的としたサイトですが、恋人作り以外にも利用している人は多いのです。
メル友や不倫、そしてセフレ作りを目的に利用している人も多いのです。
出会い系サイトなら、すぐに同じ目的の相手を探すことができるので、効率も非常にいいです。
目的がハッキリとしていれば、わざわざ面倒なやり取りをせず、最低限のやり取りをすれば、すぐにでも出会うことができます。
それを考えれば、出会い系サイトが一番手っ取り早い方法だと言えます。

メイド系女性はセフレにされがち

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

年齢はおろか、美醜問わず「セフレにされがちな女性」が世の中にはいます。
男女の不思議で、そういった女性がいる反面、黙っていても男性に大事にされる女性もいます。
一体、この違いはなんなのでしょうか?
大事にされる女性に共通するのは、男性と同じ目線で向き合うことができることです。
セフレにされがちな女性というのは、好かれようとするあまり、無意識に男性の都合に合わせてしまうのです。
男性は母性に依存しがちです。女性は食卓の準備をしてくれる存在、洗濯をしてくれる存在、という認識があるというわけです。
ですから、男性の気をひこうと容易くセックスに応じてしまうと、また求められます。そこで断ればいいのですが、嫌われるかも知れないという恐怖心からまた応じてしまし、結局セフレ関係になってしまいます。
男性からすると「この人のためなら」と何かしてくれる女性はメイドと同じ認識なのです。
子供を叱ることが出来ない母親が暴力を受けたりする事件がありますよね。そういったDV息子は母親を召し使いだと思っているのです。
私は、こういった女性を「メイド系」と呼んでいます。
「ご主人様、お帰りなさいませ」といった、二次元を再現したメイドではありませんよ。本来の意味でのメイドということです。
つまり、「どうしてもセフレにされがちだ」と悩むのであれば、自分が男性と同じ目線で関係を築けるか考えてみましょう。
「嫌われたらどうしよう」と感じても、嫌われたらその男性とは縁がなかったと割り切ればいいだけのことです。

出会い系サイトで初体験

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

僕は今までの21年間の人生で彼女が一度もいない男でした。
高校は男子校、大学は理系で周りに女性がいない環境で育ってきました、ですからどうやって女性と接すればいいのかが分からなかったのです。友達の紹介で知り合った女性ともうまくいかず、なにかいい方法はないものかと思案していたところ、週刊誌に「出会い系サイト」の広告が掲載されていたので「これだ!」と思ってさっそく検索してサイトに登録することにしたのです。
とにかく童貞が捨てたかったので、肉体関係を簡単に持てる女性を探していました。そこで「出会い系サイト」に登録することにしたのです。熟女系が狙い目だと聞いたので年上の女性を中心にメールでアプローチしました。その中から一人だけ返事がきました。33歳の女性でした。写メを交換したのですが、少なくとも5歳は若く見える、ほどよい肉付きの端正な顔つきのお姉さんといった感じの女性でした。
彼女とは一か月間メール交換した後に実際に会うことになりました。彼女には自分の目的を率直に伝えたのですが、受け入れてくれました。彼女と夕食を共にし、自然と二人の足はホテルに向かっていました。
シャワーを浴び、ベッドに向かうと彼女は用意万端で僕の上にまたがりキスをしてきました。彼女にリードされるままに彼女の乳房をさわり、なめまわすと、彼女の吐息と感じる姿に興奮を覚えました。
それから彼女の陰部をさわり、舐めると愛液が流れました。彼女も僕もますます興奮していきました。そこでもう我慢できなくなった僕は急いでコンドームをつけて硬くなった自分の肉棒を彼女のあそこに挿入しました。彼女はいきなり積極的になった僕に驚いていましたが、受け入れてくれました。そして無我夢中で突いて彼女の中で果てました。人生で最も満足した瞬間といっても過言ではないくらいの達成感がありました。
それからも彼女とは何度も関係を持っています。彼女と出会う機会を与えてくれた「出会い系サイト」には本当に感謝しています。

セフレと彼氏の違い

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

セフレつまりセックスフレンドと彼氏とは全然違うものです。
言わば、現在の付き合い方とか将来の関係とかにあります。
セフレでは、セックスだけしていれば良いのです。
セフレとデートすると言う意味は、即セックス以外には有り得ません。
セフレが性欲を満たす相手だからです。
セフレにそれ以外のものは何も求めてはいませんから、セックスに飽きれば捨てられる身の上でもしょうがありません。
もちろん、条件次第では彼氏になる事だって有り得はします。
彼氏はそこが違って、具体的には人それぞれにいろいろな彼氏がいます。
ざっくり言えば、女性にしてみれば将来の結婚相手となる場合もありましょう。
であれば、そこに求められるのは性格の一致とか趣味とか経済力とかも含めて納得の出来る相手となるのです。
そこには現実生活が思い切り含まれているのです。
女性であっても性欲は満たされてない時にセフレを求めているのです。
特徴的な性癖があればそれはより鮮明になります。
「私、Mなんですけど誰かちょっといじめてくれませんか?彼にはとても頼めないんです」
「結婚相手はいますけど、エッチには満足出来そうにはありません、誰かセフレになって」
こんなメッセージも良く見かけられるはずです。
それは主婦でも同じでこんな感じです。
「留守ばっかりでつまらないけど、それだけで離婚は出来ない、セフレで何とかしたい」
実際に主婦としてはセフレと言われるのは、嫌がっている節もあります。
セフレでなく旦那とは別のセックス用の彼氏をキープしたいと言うのが、納得出来る表現のようです。
でもその彼氏と結婚するのではないのですから、傍から見ればそれこそがセフレではあります。

即日に出会える可・性はもちろんあります

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

出会い系サイトに登録をしたその日に、セフレと出会える可能性はもちろんあります。
例えば、朝早くにサイトに登録をして、色んな相手にメールを送ります。
そして、もしメールの返信が届いて、その相手と少しメールのやり取りして、お互い気が合うと思ったら、その日の夕方にでも会う約束をして、一緒にご飯を食べた後に「ホテルへGO!」となる可能性もなくはないのです。
ただ、これはあくまでも1番理想的な展開です。
実際は、さすがにその日のうちに出会えるケースは希です。
たとえ自分は出会う気満々でも、相手がそうとは限りません。
まして、お互い赤の他人同士なのですから、見知らぬ人といきなり出会うのに抵抗感を持つ人は多いはずです。
ですから、一般的なパターンとしては、まずは数日ほど出会い系サイトでメールのやり取りをして、その後メールアドレスや携帯番号を交換して、そこから出会いのアポを取るのが王道なのです。
ただ、いずれにしても行動は早いに越したことはありませんから、セフレが欲しいと思ったら、すぐにでもサイトに登録してみるのがいいでしょう。

夫婦が相互補完ならセフレは利害一致

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

「結婚は人生の墓場」とはよく聞くフレーズですが、夫婦とは本来、相互補完のもとに成り立つべきなのです。これが上手く機能しないがために「墓場」と言われてしまうんですね。
では、セフレはというと、「ヤリマンとヤリチン」などと言われてしまいます。しかし、体の相性が良く、お互いの欲求を満たされるのであれば、利害が一致した関係と呼べるのではないでしょうか?
セックスも経験が豊富になれば、内容次第でどれだけ心に潤いを与えてくれる行為なのか、ということは大分認識されてきました。その証拠に、女性誌でセックス特集を組むと発行部数がのびるそうです。
とはいえ、セックスだけの関係に対して世間は否定的であることに代わりありません。
それならば、せめて自分たちだけの間で価値観を高めればいいのではないでしょうか?
まず、誰にも迷惑をかけない。次に、お互いの嗜好や性格を理解しあう。そうすることで利害が一致すれば、他人がどう思おうと、それは素晴らしい関係だと思うのです。
もし、行為を終えて「自分は愚かだ」と思うのであれば、「こんなに充実した気持ちになれることを知らないのは可哀相なことだ」と思うようにしましょう。きっと楽しいセックスライフをおくれると思いますよ。

本当は恋人関係になりたい

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

僕は、出会い系サイトで一人の女性とセフレになりました。
仕事の方を優先したいと思い、一方で自分の時間も持ちたかったので、恋人ではなくセフレを作ることにしたのです。
セフレとは、凄く楽しく付き合うことができています。
会う頻度は月に2回ぐらいですが、セックスだけでなくご飯を一緒に食べたりするので、セフレと言うよりは友達のような関係で付き合っているのです。
ただ、あくまでもセフレの関係ですから、彼女について色々と聞いたりすることは一切ありません。
セックスに必要のないこと以外は、一切聞いたりしないようにしています。
しかし、ここ最近彼女に対して、少しばかり恋愛感情を抱くようになったのです。
元々顔も可愛いですし、性格も凄くおしとやかなので、セフレの関係で留めておくのは勿体無いと思っていました。
本当は、彼女とは恋人関係になりたいと思っています。
ただ、彼女がそれを望むかどうか分かりません。
彼女がセフレ関係を望むのであれば、僕も今の関係で我慢し続けるつもりです。
しかし、もし彼女もセフレ以上の関係を望むなら、思い切って告白したいと思います。

セフレ卒業のきっかけ

<更新日時> 04月11日(金) 16:14

もう何年も前ですが、私は男性と付き合っても、恋人というよりセフレとしかみられない女性でした。
どこかへ二人で出かけるわけでもなく、お互いの家かホテルでしか会いませんでした。そしてセックスです。
どんな男性と付き合っても、そんな生活が続きました。
ある男性は、「オマエを悦ばせられるのは俺だけだから」と言っていました。
確かに気持ちよかったのですが、それよりも彼に捨てられる恐怖心から同調してセックスだけの関係が続きました。
また、ある男性はマルチ商法にハマっていて、私は何度も足を洗って欲しいと頼んでいたのですが、「あと少しでランクが上がるんだよ。あんまりうるさいと別れるぞ?」と脅してきました。
男性にそういった扱いをされているうちに、「もっとしっかりしないと、一生このままかも」という不安で胸がいっぱいになりました。
そんな私に決断させたのは、最後にセフレ関係だった男性と別れて三ヶ月後のことでした。
その男性は、私とのセックスに飽きたのか、まるで私を人形のように扱い、自分だけ満足すると帰るようになりました。そして、そのまま関係はフェードアウトしていったのですが、彼から電話があったのです。
「最近、どうしてる?」
自分から遠ざかったので、私がまだ未練タラタラだと思ったのでしょうね。
「明日から海外旅行で準備にいそがしい」とキッパリと断りました。
海外旅行なんて嘘です。でも、何故か軽薄な「最近、どうしてる?」という言葉に対する怒りと、強気に断った自分の意志が「もう、振り回されないじゃない」と思わせてくれました。
直後はくやしくてたまりませんでしたが、今では人生勉強だったと思ってます。
だって、現在はちゃんとした恋愛ができているのですから。

次の記事 »